Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

翔んで埼玉の実写の映画で公開日はいつ?キャストやあらすじは?

どうも~メキネコです

漫画原作の「翔んで埼玉」が映画で実写化が決定
そこで今回は公開日はいつぐらいになるのか?
キャストやあらすじと監督や脚本
そして見どころについて調べてみました

 

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

翔んで埼玉の実写の映画で公開日はいつ?

 

原作は30年前の翔んで埼玉
いよいよ映画の実写化が決定!

 

気になる公開日は2019年です
まだ具体的にいつか未定なんですが
予想してみたいと思います

 

クランクインは2018年3月21日
関東の各地でロケが始まっているようです
埼玉が中心なんですけどね(笑)

 

おそらく翔んで埼玉の公開日は
2019年の夏ではないでしょうか

 

また具体的な発表があり次第
追記してまいります

 

翔んで埼玉とは?原作はどんな漫画?

作者は魔夜峰央
2018年になってパタリロも舞台化されれ
実写映画化されると予想されています

 

最近はLGBTの問題がいろいろとあったんですが
漫画ではその元祖ともいえる
魔夜峰央さんの作品群の世界観が
今になって再評価されている印象です

 

ギャグの世界観とか独特なんですよね~

 

『翔んで埼玉』は『パタリロ』などで知られる
漫画家・魔夜峰央氏が1982年に発表した作品。

 

2015年に『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)として
30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに
テレビ番組、SNS、インターネットなどの
メディアで多数取り上げられ、反響を呼んだ漫画なのです。

 

魔夜氏が作品発表当時に埼玉県所沢市に住んでいたことから
その頃、自虐的な埼玉県民の心の声をある意味痛切に
描いた作品

 

過激で痛烈な名言が多くて

「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」
「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」
「埼玉狩りだー!」といった、
“埼玉県ディス”なセリフを多数配置。

 

一方で、東京に虐げられる埼玉が立ち上がるとい
、魔夜氏独特の筆致で“埼玉県民の心の声”を描きだしています。

 

「草でも食わせておけ」などかなり自虐的(・∀・)
Twitterとかで拡散しやすい名言かもしれませんね

 

翔んで埼玉の実写の映画でキャストと見どころは?

翔んで埼玉の実写化でニュースになった要因は
キャストに二階堂ふみさんと
GAKUTOさんが決まったことではないでしょうか

 

埼玉県出身の転校生・麻実麗(あさみれい)を
演じるGAKUTOさん
二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く
容姿端麗でアメリカ帰りとハマリ役になりそう
しかも18歳の高校生です(笑)

オファーがあった時には
ちょと無理ではないかと考えたGAKUTOさん

 

作者の漫画家・魔夜峰央氏、本人から
オファーがあったことから
出演を決定したそうです

 

魔夜峰央氏の作品のファンだったのです

 

ですが未だに設定に無理があるのではと
払拭仕切れていないそうです(笑)

 

東京都知事の息子であり
白鵬堂学院の生徒会長=エリートとして
華々しく学生生活を送る
壇ノ浦百美(だんのうらももみ) を演じるのは二階堂ふみさん

 

実写化にあたって女性のキャラに変えようとの提案もあったんですが
外見は女性っぽいのに男性という
設定のままで実写の映画になります

 

 

コチラの役も以外に難しそうですよね
見どころはこのキャストと
どんな演技の掛け合いになるのか
映画が楽しみです。

 

原作の著者、魔夜峰央さんのコメントが面白くて
映画化が決定して
「本当に良いんですか?」というコメントや
願ってもないキャスティングですが
この役がGACKTさんの人生の汚点にならないことを祈ってますなど
なんだか少し他人事のようで面白いです(笑)

 

翔んで埼玉の実写の映画のあらすじは?監督や脚本は?

プロデューサーの若松央樹氏が
2015年に再販され本屋で平積みになった
『翔んで埼玉』を発見して
「地方をもっと応援できるような、それでいて、
都会に住んでいる人も楽しめる、そんな作品を作りたい」と
映画化に向けて動き始めたのが
きっかけなのだそうです。

 

30年前に発表された翔んで埼玉は
実は現在も未完の作品

 

そのためプロデューサーの若松氏は
何度かタッグを組んでいる
武内英樹監督(『テルマエ・ロマエ』など)とともに
脚本家も交えてオリジナルの展開を模索しました。

 

テルマエ・ロマエもかなり面白かったですよね

 

翔んで埼玉のあらすじでは
大都会東京から虐げられた埼玉が
自由を求めて徒党を組み戦うという原作の設定に
新たに“千葉”という対抗組織も用意して映画化しています

 

いやどんな戦いなんでしょうか(笑)
これだけではわかりませんね
かなりぶっ飛んだ作品になりそうです
映画の長さにあうのかどうか
かなり問題作になりそうですよねぇ

まとめ

翔んで埼玉の実写の映画の公開日はいつぐらいか
キャストやあらすじや見どころ
監督や脚本について調べてみました

 

原作のようにかなり挑戦的な映画になりそう
キャストも豪華なので楽しみです

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です